本日は、末原さんのマネージャーさんにご協力いただき、今月4日まで上演されていた末原拓馬出演の音楽劇 『黒と白 -purgatorium- amoroso』のビジュアル撮影の様子をお届けいたします!



シリーズ3作目となる音楽劇 「黒と白 -purgatorium-」



ビジュアル撮影が行われたのは4月下旬。


この時「幸福/災禍 マルート」という役名は知らされていたようですが、まだ台本はなかったため、現場でマルートがどんな人物なのか話を伺い撮影をおこなったそうです。



また、ハルート役の縣豪紀さんに直接お会いしたのもこの時が初めてだったようです。

おふたりは2019年に行われた舞台版「Identity V /第五人格」に末原さんは脚本家として、縣さんは役者として携わっていましたが、直接お会いすることはなく、この「黒と白」のビジュアル撮影が初対面。


撮影の合間だったため少しの時間でしたが、お互いにこにこと和やかにご挨拶されていたようです。

 

そこからお二人がたくさんの時間を稽古場や舞台上で過ごし、マルートとハルートの美しいシーンが紡がれたことを考えると、2人が出会った記念の1日と言えるかもしれませんね。






ここからは撮影の写真と映像をお届けいたします!


白天使と黒天使を演じながら撮影に臨む姿を、どうぞご覧ください。



『黒と白』マルートビジュアル撮影風景

★映像



そして、実際に撮影された写真がこちらです。


<白天使>